ホーム>不倫慰謝料請求に関連する書面の作成|枚方・交野・四条畷・大東・寝屋川など

代表行政書士より一言



■当事務所では開業以来数多くの不倫慰謝料関連の書面を作成してきました。夫もしくは妻が不倫をして苦しんでいる方、既婚者と不倫をしてしまって慰謝料を請求されている方、様々な立場の方のお話をお聞きしてきました。そして、それら多くの方に共通しいているのが「今後どうしたらよいか不安だ」という思いです。

■「慰謝料の請求の仕方がわからない、下手に請求したら恐喝って言われるのじゃないか」「相手方が慰謝料を分割で支払うって言っているんだけど何か文書作らなくても大丈夫なの?」「公正証書がよいってよく聞くけどそもそも公正証書って何?」「示談書の作り方がよく分からない」「行政書士から内容証明で請求されたけどどうしたらよいの?」など様々な不安を抱えておられます。当事務所では様々な種類の書面作成とそれに伴うご相談を通してご依頼者の方のご不安をやわらげることができればと考え、日々業務を行っております。

■行政書士は書面作成を通してご依頼者をサポートします(弁護士ではありませんから相手方との直接交渉や訴訟はできません)。当事務所では「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」「示談書作成」「誓約書作成」「公正証書作成」「行政書士からの請求に対する回答書の作成」などのご相談・ご依頼をお受けしております。各業務の内容や費用については以下で説明しておりますのご確認ください。また、それらの業務に関する相談には無料で対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。電話やメールでのご相談にも対応しております。


以下では当事務所の取扱い業務をご紹介しております。

不倫慰謝料請求サポート(不倫慰謝料を内容証明で請求します)


不倫相手に内容証明で慰謝料を請求します。2通目以降の書面、示談書の作成なども含め総合的にご依頼者をサポートします。

着手金→1万円
成功報酬→相手方が慰謝料の支払いに応じてきた金額の8%
示談書作成費用→1万円



■不倫慰謝料請求サポート業務は上記の費用で「内容証明案の作成」「不倫相手への内容証明の発送」「2通目以降の文書の作成」「示談書等の契約書の作成」「相手方から送られてくる文書等のチェック」及びそれらに関するご相談にお答えします。ご依頼者の不倫慰謝料請求を書面作成を通して総合的にサポートするというイメージです。なお相手方との直接交渉や訴訟には対応しておりませんので、それらをご希望の方は行政書士でなく弁護士の先生にご依頼いただくのがよいと思います。

■内容証明に関しては発送前に何度も内容をご確認いただけます。できるだけご依頼者の意図に沿って内容を作成しますのでご安心ください。

■費用に関してですが、例えばご依頼者が不倫相手から150万円の慰謝料を受け取ることになり、その旨を示談書で取り交わした場合には「着手金1万円+成功報酬12万円(150万円の8%)+示談書作成費用1万円の合計14万円」が当事務所費用となります。また、不倫相手が慰謝料支払いに対応してこなかった場合(無視する、支払いを拒絶する旨回答してくる等)、慰謝料金額の折り合いがつかずに示談に至らなかった場合(請求金額が100万円なのに10万円しか支払わないといってきた場合等)は「着手金1万円のみのお支払い」となります。

■無料相談を実施しておりますので、お聞きになりたいこと(慰謝料請求する場合の流れが知りたい、費用面を詳しく教えてほしいなど)があればお気軽にお電話ください。


 無料相談・ご依頼はこちらから


 不倫慰謝料請求について更に詳しく書いたページもございます


◆枚方市・守口市・門真市・寝屋川市などからのご依頼やご相談に対応しております。

不貞行為に関する示談書など契約書面の作成


不貞行為の慰謝料金額が話し合いなどによってすでに決まっている場合、示談書などの契約書作成を承ります。この業務は「慰謝料をもらう側」「慰謝料を支払う側」双方からのご依頼をお受けしております。

示談書作成費用→1万6000円
(示談書に当事務所名を含める場合はプラス3000円)



■示談書作成業務は上記の費用で「示談書の作成」「示談書作成に関するご相談」を承ります。

■当事者同士の話し合いの結果、「不倫の慰謝料100万円をもらうことになったという場合」「不倫してしまって慰謝料100万円を支払うことになったという場合」など請求側、請求された側双方からのご依頼をお受けしております。ご依頼の割合ですが、請求した側された側半分半分くらいです。

■示談書作成のご依頼をお受けした場合、示談書納品までに何度も内容をご確認・ご修正いただけます。当事務所が提示した示談書案をそのまま納品するわけでなくご依頼者と話しあって、ご依頼者の意図をできるだけ示談書内容に反映させます。

■無料相談を実施しておりますので、お聞きになりたいこと(依頼した場合の流れを知りたい、費用面を詳しく教えてほしいなど)がありましたらお気軽にお電話ください。


 無料相談・ご依頼はこちらから


◆枚方市・交野市・四条畷市・大東市など大阪府全域からのご依頼やご相談に対応しております。

不倫慰謝料支払い公正証書の作成サポート


示談書より強力な公正証書を作成します。慰謝料の支払いが滞った場合には強制執行ができます。

公正証書作成費用→4万8000円



■公正証書というのは公証役場(役所のような所です)という場所で公証人という人に作成してもらう公的な書類です。金銭の支払いが滞った場合には相手の財産や給与に対し強制執行できるという強力な書類です(分割払いの慰謝料の支払いが滞った際に、相手方の給料を差し押さえるというイメージです)。

■不倫慰謝料支払いの公正証書作成サポート業務には「公正証書作成に関する相談」「公正証書案の作成」「公証役場との打ち合わせ」「代理作成の場合の代理人2人分の費用」が含まれております。ただし、当事務所費用以外に実費(公証役場に支払う費用)が別途必要ですのでご了承ください。詳細な費用に関してはこちらからもご覧いただけます(離婚の際の公正証書に関する費用の説明ですが不倫の場合もおおむね同じです)。わかりにくければお電話でご相談ください。

■当事務所最寄の平野町公証役場(大阪市中央区で京阪線と地下鉄堺筋線の北浜駅近くにあります)に(当事者2人が)公正証書作成日当日に来ていただける場合は公正証書作成サポートを3万円(※実費は別途必要です)で承っております(あなたと相手方が公証役場に行かなくても公正証書を作成できる代理作成ではなく、慰謝料を貰う人、慰謝料を払う人、当事務所の担当行政書士3人で公証役場に出向き公正証書を作成するということです)。

■無料相談を実施しておりますので、お聞きになりたいこと(自分のケースでは公正証書を作ったほうがよいのかどうか、依頼した場合の流れが知りたい、費用面を詳しく教えてほしいなど)があればお気軽にお電話ください。


 無料相談・ご依頼はこちらから


お問い合わせ先 (上記業務以外も対応できるご依頼には対応いたします)



◆お問い合わせ先(電話・FAX)
受付時間 11:00〜21:00 (土曜日は11時〜16時/日曜日・祝日は休業)

■携帯090−4492−0020
■電話06−6271−8260
■FAX06−6226−7726


■携帯電話でも、固定電話でもどちらにご連絡いただいてもけっこうです。ただ携帯電話の方がつながりやすいと思いますので、お急ぎのお客様は携帯電話にご連絡ください。


◆お問い合わせ先(メール)  受付時間 24時間OK
icon メールでのお問い合わせはこちらからそうぞ!
■メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。
■メールでのお問い合わせには、できるだけ早く返信するようにはしますが「いついつまでには」というお約束はできません。ですので、お急ぎの方は電話の方にご連絡ください。


◆営業時間

■11:00〜21:00 (土曜日は11時から16時まで/日曜日・祝日は休業)

■夜9時まで営業しておりますので、昼間忙しくて時間がない方でもご利用いただけます。


◆当サイト運営事務所の情報
離婚 ■最寄駅  地下鉄堺筋線 堺筋本町駅(他に御堂筋線・本町駅、中央線・堺筋本町駅、京阪・北浜駅など)
■事務所への「来所希望の方」は事前に予約をお願いします。

icon 事務所の詳しい情報はこちらから




◆不貞行為の慰謝料請求関連書類作成のご依頼対応地域(大阪府全域)
事務所は大阪市にありますが枚方市・寝屋川市・大東市・守口市・四条畷市・門真市・交野市など大阪府全域からのご依頼に対応しております。

 ご依頼・ご相談はこちらから


西宮泉佐野豊中門真 羽曳野 平野区