ホーム>不倫慰謝料請求に関連する書面の作成|明石市・加古川市・高砂市・三木市・加東市・加西市など

専門の行政書士が「内容証明の作成と発送」「示談書や公正証書の作成」など書面作成を通してあなたの不倫慰謝料請求をサポートしております。


当事務所の不倫慰謝料請求サポートの特徴


@無料相談を実施しております

電話・メールでのご相談に対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。初回の相談は無料です。
■平日ですと夜9時ころまでご相談に対応しております。


A事務所まで来ていただかなくてもご依頼いただけます

■当事務所は大阪の行政書士事務所ですので兵庫県からは少し遠いかもしれません。ですが、当事務所では開業以来全国各地から不倫慰謝料請求のご依頼をお受けしておりますので、遠方からのご依頼でも問題なくお受けすることができます。
■依頼する場合の流れなどご不安なことがございましたら遠慮なくお問い合わせください。


B着手金1万円、成功報酬8%、示談書作成費用1万円の明確な料金体系です

■ご依頼いただく際の着手金は1万円で、相手方が支払いに応じてきた場合のみ成功報酬をいただきます。相手方が支払いに応じてこなかった場合に必要な費用は着手金のみです。
■例えば、相手方から慰謝料100万円の支払いがあった場合には「着手金1万円、成功報酬8万円、示談書作成費用1万円の合計10万円」となります。請求したにも関わらず相手方が支払いに応じてこなかった場合は「着手金1万円、成功報酬0円、示談書作成は当然不要で合計1万円」です。


C内容証明請求文書は発送前に何度もご確認いただけます

■内容証明は、ご依頼者からお話をお聞きして案を作成します。それをそのまま発送するのではなく、発送前に何度も確認、修正いただけます。ご依頼者の意図に沿った内容のものを発送します(ただし内容証明に何でも書けるわけではありません)。


D示談書や公正証書の作成にも対応しております

「示談書だけ作ってほしい」「公正証書を代理で作成してほしい」というようなご依頼にも対応しております。


E数多くの不倫慰謝料請求関連書類を作成した経験豊富な行政書士が対応します

■ご相談・ご依頼には経験豊富な行政書士が対応します。当事務所では今までに数多くの不倫慰謝料に関連した内容証明、示談書、合意書、誓約書、和解契約書、公正証書などを作成しております。




 無料相談・ご依頼はこちらからどうぞ!


代表行政書士より一言


■当事務所では開業以来数多くの不倫慰謝料案件に関与してきました。内容証明の発送や公正証書作成などを通して慰謝料を請求する側をサポートすることもありましたし、逆に示談書作成や回答書の作成などを通して慰謝料を請求された側をサポートすることもありました。請求する側にせよ、請求された側にせよ多くの方に共通しているのが「不安を感じている」という点です。

■「夫が不倫するなんて・・こんな事態に巻き込まれたのは初めてでどうしたらよいか分からない」「内容証明で不倫相手に慰謝料を請求したいけど何か書いたらよいか分からない」「こんな請求をして恐喝にならないのか?」「示談書は自分で作っても大丈夫なのか?」「公正証書って何?」「不倫をして慰謝料を請求されてしまった・・請求されている金額が高すぎてとてもじゃないけど支払えない」など様々な不安を抱えておられます。当事務所では内容証明、示談書、公正証書などの書面作成業務とそれに伴うご相談を通して、ご依頼者の不安を解消できるよう日々業務を遂行しております。

■当事務所は大阪市の事務所ですから兵庫県からは少し遠いと感じられるかもしれません。ただ、この不倫慰謝料請求サポート業務や示談書などの書面作成業務はご依頼者が当事務所まで来られなくても、問題なく業務を遂行できます。「どうしても事務所に行って直接面談したい」ということでなければご依頼をお受けできるかと思います(もちろん面談をご予約の上当事務所まで来ていただいてもよいのですが、明石、加古川、三木あたりからは少し遠いかな、と思います)。大阪市内のご依頼者の方でも事務所まで来られるのは6割程度、大阪市以外の大阪府のご依頼者の方で事務所まで来られるのは3割程度です。事務所に来られなくても電話、メール、郵便などでやり取りできるのであれば問題なくご依頼をお受けすることができます。

■当事務所は弁護士事務所ではなく行政書士の事務所です。弁護士は代理人となって不倫相手と直接交渉したり、裁判を起こしたりしますが、行政書士は書面作成とそれに伴う相談を通してご依頼者のために業務を行います。当事務所では「不倫慰謝料請求サポート業務」「示談書作成業務」「慰謝料支払いの公正証書サポート業務」などを取り扱っております。各業務に関する説明を以下に記載しております、また無料相談も実施しておりますので、ご不安な点やお聞きになりたいことがありましたらお気軽にお問い合わせください。


 ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ!


以下では当事務所の取扱い業務をご紹介しております。


不倫慰謝料請求サポート(不倫慰謝料を内容証明で請求します)


不倫相手に対して内容証明で慰謝料を請求します。着手金1万円、成功報酬8%の明確な料金体系となっております。

着手金→1万円
成功報酬→相手方が慰謝料の支払いに応じてきた金額の8%
示談書作成費用→1万円



■不倫慰謝料請求サポート業務の内容は「内容証明郵便案の作成」「不倫相手への内容証明郵便の発送」「2通目以降の書面の作成」「示談書等の契約書の作成」「相手方から送付されてくる文書等のチェック」「それらに関するご相談へのご回答」です。この業務は、ご依頼者の不倫慰謝料請求を書面作成を通して総合的にサポートするというイメージです。なおご依頼者の代理人になったり、相手方と直接交渉したり、裁判を起こしたりという弁護士さんの業務には対応しておりません(ご相談があった場合、お話をお聞きしてご相談者の要望や状況によっては行政書士ではなく弁護士さんへのご依頼をおすすめすることもあります)。

■費用に関してですが、例えばご依頼者が不倫相手から100万円の慰謝料を受け取ることになり、その旨を示談書で取り交わした場合には「着手金1万円+成功報酬8万円(100万円の8%)+示談書作成費用1万円の合計10万円」が当事務所費用となります。また、不倫相手が慰謝料支払いに対応してこなかった場合(請求を無視する、支払う意思がないという回答をしてくる等)、慰謝料金額で折り合いがつかずに示談に至らなかった場合(100万円請求したのに相手方に20万円しか支払う意思がない場合等)は「着手金1万円のみのお支払いで成功報酬はなし」となります。

■無料相談を実施しておりますので、お聞きになりたいこと(依頼した場合の流れが知りたい、費用面を詳しく教えてほしいなど)があればお気軽にお電話ください。


 無料相談・ご依頼はこちらから


 不倫慰謝料請求について更に詳しく書いたページもございます


◆加古川市、明石市、加西市、加東市、西脇市、三木市、小野市など兵庫県全域からのご依頼やご相談に対応しております。

不倫・不貞慰謝料に関する示談書などの作成


不倫慰謝料請求サポート業務と違って、当事者同士の話し合いで示談の条件(慰謝料の金額や今後の約束など)がある程度決まっている場合にご依頼をお受けしております。示談書作成業務は「慰謝料を支払う側」「慰謝料をもらう側」双方からのご依頼に対応しております。

示談書作成費用→1万6000円
(示談書に当事務所名を含める場合はプラス3000円)



■上記の費用で「示談書の作成」「示談書作成に関するご相談」を承ります。

■「不貞行為の慰謝料100万円をもらうことになった場合」「不貞行為をしてしまい慰謝料100万円を支払うことになった場合」など請求した側、請求された側双方からのご依頼をお受けしております。また、まれに慰謝料について記載しない示談書もあります(今後の約束のみを記載したものなどです)。

■示談書作成のご依頼をお受けした場合、示談書納品までに何度も内容をご確認・ご修正いただけます。当事務所が提示した示談書案をそのまま納品するわけでなく、ご依頼者と話し合い、ご依頼者の意図をできるだけ示談書内容に反映させております。

■無料相談を実施しておりますので、お聞きになりたいこと(示談書にこんな内容も書けるのか、依頼した場合の流れを知りたい、費用面を詳しく教えてほしいなど)がありましたらお気軽にお電話ください。


 ご相談・ご依頼はこちらから


◆加古川市・高砂市・稲美町 播磨町・多可町・三木市・小野市など兵庫県全域からのご依頼やご相談に対応しております。

不倫慰謝料支払い公正証書の代理作成


上記の示談書作成業務と同じく、当事者間で慰謝料の金額や支払い方法などが決まっているケースでご依頼をお受けしております。公正証書は公証役場で作成する強力な書類で強制執行力があります。

公正証書作成サポート費用→4万8000円
※別途、実費(公証役場に支払う費用)が必要です



■公正証書は公証役場という場所(お役所のような場所です)で公証人(司法試験に合格している偉い人というイメージでよいかと思います)に作ってもらいます。公的な書類(示談書や念書は私的な書類)で、高い証明力や強制執行力を備えています。相手方が慰謝料の支払わなかった場合、相手方の財産や給料を差し押さえる等の強力な効果があります

■それほど強力な書類ですから、(当然ですが)作成するのはかなり面倒くさいです。公証役場に何度も行ったり、平日に当事者2人で公証役場に出頭する必要もあります。当事務所では「公証役場との打ち合わせを全て行う」「当事者2人に代理して公証役場に行く」「完成した公正証書を当事者2人に発送する」などして、公正証書作成をサポートしております。公正証書作成の面倒くささがかなり緩和されると思います。

■不倫慰謝料支払いの公正証書作成代理作成業務には「公正証書作成に関する相談」「公正証書案の作成」「公証役場との打ち合わせ」「代理作成の場合の代理人2人分の費用」「送達手続きのサポート」などが含まれております。ただし、当事務所の費用以外に実費(公証役場に支払う費用)が別途必要ですのでご了承ください。詳細な費用に関してはこちらからもご覧いただけます(離婚の際に作る公正証書に関する費用の説明ですが不倫の場合もおおむね同じです)。わかりにくければお電話でご相談ください。

■無料相談を実施しておりますので、お聞きになりたいこと(自分のケースでは公正証書を作ったほうがよいのかどうか、公証役場に行かなくても作成できるのか、費用面を詳しく教えてほしいなど)があればお気軽にお電話ください。


 無料相談・ご依頼はこちらから


◆明石市・加東市・加西市・高砂市・三木市など兵庫県全域からのご依頼やご相談に対応しております。

行政書士もしくは本人から内容証明などで慰謝料請求を受けている方からのご依頼


当事務所では請求をする側からのご依頼が大部分を占めますが、請求されている側からのご依頼をお受けすることもあります。

慰謝料減額サポート業務
減額サポート費用→成功報酬制(減額できた金額の10%)

※ご注意いただきたいのは、現在減額サポート業務でご相談、ご依頼をお受けしているのは「行政書士もしくは本人から文書(内容証明など)で請求を受けている場合」に限定しております。「弁護士さんからの請求」「裁判上の請求」「直接家に来られての請求」などを受けている方は弁護士さんへのご相談・ご依頼をおすすめします。


■不倫慰謝料減額サポート業務の内容ですが「相手方から送られてきた請求書・示談書などのチェック」「回答書の作成」「ご相談への対応」など書面作成を通してのサポートが中心となります。弁護士さんのようにご依頼者の代理人となって請求サイドと交渉するわけではありません。

当事務所としては「法外な慰謝料を支払う必要はないだろうが、不倫をしてしまった以上法的に妥当と思われる程度の慰謝料を支払って責任をとるべきではないか」という考えです。ですから、相手方からの請求に対して真摯に対応しようと考えておられる方のサポートをさせていただいております(不倫の事実があるのに慰謝料を一切支払いたくない、というようなお考えの方とは考えが合わないと思います)。ご依頼をお受けできるかどうかはお話をお聞きしないとわかりませんので、ご希望の方は一度ご相談ください。

■最近増加している弁護士さんからの請求に関しては、基本的にはご相談・ご依頼をお受けしておりません。これは「弁護士からの請求には弁護士に依頼して対応したほうがご依頼者にとってメリットが大きい」という考えからです。


 無料相談・ご依頼はこちらから


◆加古川市・明石市・高砂市・三木市など兵庫県全域からのご依頼やご相談に対応しております。

お問い合わせ先



◆お問い合わせ先(電話・FAX)
受付時間 11:00〜21:00 (土曜日は11時〜16時/日曜日・祝日は休業)

■携帯090−4492−0020
■電話06−6271−8260
■FAX06−6226−7726


■携帯電話でも、固定電話でもどちらにご連絡いただいてもけっこうです。ただ携帯電話の方がつながりやすいと思いますので、お急ぎのお客様は携帯電話にご連絡ください。


◆お問い合わせ先(メール)  受付時間 24時間OK
icon メールでのお問い合わせはこちらからそうぞ!
■メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。
■メールでのお問い合わせには、できるだけ早く返信するようにはしますが「いついつまでに」というお約束はできません。ですから、お急ぎの方はお電話でご連絡ください。


◆営業時間

■11:00〜21:00 (土曜日は11時から16時まで/日曜日・祝日は休業)

■夜9時まで営業しておりますので、昼間忙しくて時間がない方でもご利用いただけます。


◆当サイト運営事務所の情報
離婚 ■最寄駅  地下鉄堺筋線 堺筋本町駅(他に御堂筋線・本町駅、中央線・堺筋本町駅、京阪・北浜駅など)
■事務所への「来所希望の方」は事前に予約をお願いします。

icon 事務所の詳しい情報はこちらから




◆不貞行為の慰謝料請求関連書類作成のご依頼対応地域(兵庫県全域)
播磨町・稲美町・多可町・小野市・西脇市・加東市・加西市・三木市・加古川市・高砂市など兵庫県全域からのご依頼に対応しております。

 ご依頼・ご相談はこちらから