離婚公正証書の代理作成専門の行政書士事務所|池田市からのご依頼に対応


■大阪の池田市をはじめ関西全域から「離婚公正証書の代理作成のご依頼・ご相談」をお受けしている行政書士の事務所です。「公証役場に行く時間がない」「公正証書を作りたいけど何から手をつけてよいか分からない」「2人で公証役場に行けない」などでお困りの方は当事務所までお問い合わせください。


icon 離婚公正証書作成専門の行政書士のサイト icon 行政書士による離婚公正証書作成の無料相談


私は大阪の池田市に住んでいますがどこで公正証書を作ればよいのですか?


<質問>
来月に夫と離婚する予定です。友達から養育費などのお金のことは公正証書にしておけばよいと聞きました、ただ池田に公証役場はありませんし、そもそも公正証書が何かよく分かりません。どうしたらよいでしょうか?

<回答>
ご自身で公正証書を作成されるのであれば、梅田や伊丹の公証役場を利用されるとよいと思います。「(夫婦二人で)公証役場に行けない」「何が何だか分からない」などという方は専門家(行政書士、弁護士など)にご相談、ご依頼されるとよいと思います。



公正証書作成方法@

「自分で作成する」

■専門家(行政書士、弁護士、司法書士など)に依頼せずにあなたご自身が公証役場と折衝して作成します。
■「ご夫婦2人が平日公証役場に出頭できる」「あなたご自身が公証人との打ち合わせをできる」「公正証書の文案作成に特に不安がない」等であれば専門家の力を借りずとも作成は可能かと思います。
■池田市内には公証役場がありませんので、ご自身で手配して作成する場合、大阪市(梅田・本町・北浜・江戸堀など)もしくは伊丹市あたりの公証役場で作成されるのがよいと思います(東京や九州の公証役場でも作成できますが、それほど遠方で作成する意味はないと思います)。


公正証書作成する方法A

「専門家(行政書士、弁護士など)に依頼する」

■ご自身で作成するのが不安だったり、夫婦2人で公証役場に行けない場合などは専門家へ依頼されるとよいでしょう。
■専門家に依頼する場合、夫婦2人ともが公証役場に行かなくても公正証書を作成できる「代理作成」の依頼もできます。



離婚公正証書の代理作成とは何ですか?


■ご夫婦のかわりに代理人2人(夫の代理人1人、妻の代理人1人)が公証役場に出向いて作成します。この代理作成ですとご夫婦2人が一度も公証役場に行かなくても作成できますので、「2人の時間があわない方」「仕事で平日に休みがとれない方」「すでに別居している方(例えば大阪と東京で別居)」などにおすすめの方法です。

■「公正証書の偽造」などの事態を防ぐため、代理作成の条件は少し厳しいです。署名捺印された委任状(実印で捺印したもの。委任状だけでなく公正証書の本文部分も添付されたものです)、取得後3ヶ月以内の印鑑登録証明書などが必要です。他にも作成したい内容によって必要な書類が追加されます。

■当サイト運営事務所(行政書士の事務所です)では「離婚公正証書の代理作成」を取り扱っておりますので、ご質問などございましたらお気軽にお電話等でご相談ください。



↓電話相談連絡先↓


icon 行政書士による離婚公正証書代理作成の無料相談


icon 行政書士の離婚公正証書作成代行サイト


池田市(池田駅・石橋駅)をはじめ大阪府全域からのご依頼に対応しております。