ホーム>離婚慰謝料について

離婚慰謝料って何ですか?

■ 離婚慰謝料とは、簡単に言えば、離婚の原因をつくった側(有責者)が、相手に与えた精神的に苦痛に対して支払う損害賠償金のことです。

■一般的な慰謝料のイメージは「夫の暴力や浮気が原因で離婚、その後夫が妻に支払うもの」という感じかもしれません。しかし、最近では妻の浮気、妻の家出、妻の暴力、妻の育児放棄、セックスに応じないなどが原因で離婚となり、妻から夫へ慰謝料を支払うケースも増えています。

■ちなみに配偶者の浮気相手にも慰謝料を請求することができます。詳しくはこちらをどうぞ。

慰謝料の金額はどうやって決めるのですか?

金額を決める要素
■一般的には次の3つが金額の決定に大きく関わってくるようです。
@離婚原因と精神的苦痛の程度
A婚姻期間
B相手側の経済状況
大抵の場合は夫婦間の話し合いで決定されるため、基準などはあって無きようなもの、というのが実態のようです。
ただ上記の例はあくまで、和解や調停、裁判の場である程度考慮されるというもので、明確な基準はありません。

実際にはそこまで高額にはならないことが多い
■よくニュースを賑わす芸能人の離婚時の慰謝料の額はあまり当てになりません。何千万という額は一般的にはほとんどありません。相手に資力があり、一括で払ってくれるようなら問題はないでしょう。そうではなく、高額な慰謝料の額を設定し一括では無理だから分割払いにした場合、あまりに相手の資力とかけ離れた金額ですと、途中で支払いが滞る場合があります。現実的な金額を設定したほうがよいかもしれません。

慰謝料請求の時効

■慰謝料を請求できるのは、離婚が成立してから3年間です。ただし、3年以内であっても、離婚協議書等で「慰謝料は請求しない」などと記している場合には、慰謝料の請求権を放棄していることになり、慰謝料を請求することはできません。

■3年をすぎていても相手が「支払う」というのであれば問題ありません。慰謝料支払いについて記載した公正証書を作成することもできます。

 ご依頼・ご相談はこちらから

 トップページに戻る場合はこちらから