離婚公正証書作成・離婚協議書作成対応の行政書士事務所|大東市

■大東市在住の方から「離婚公正証書・協議書作成のご依頼」「公正証書作成に関するご相談」などをお受けしている大阪の行政書士の事務所です。無料相談にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

icon 離婚公正証書作成専門の行政書士のサイト icon 行政書士による離婚公正証書作成の無料相談

私は大東市在住ですがどこで公正証書を作ったらよいですか?

<質問>
子どもの養育費などに関して公正証書を作りたいのですが、大東市には公証役場がありません。どこの公証役場で作成したらよいですか?
<回答>
どこの公証役場でも作成可能です。お近くの公証役場や作成方法については以下をご覧ください。

公正証書作成パターン1
「行政書士等に依頼せずにあなたご自身で作成する」

■行政書士、弁護士などの専門家に依頼せずに、あなた自身が公証役場と折衝して公正証書を作成します。多少面倒ですが、「公証人との折衝に不安がない」「平日昼間に時間がとれる」「作成日に配偶者と二人で公証役場に行くことができる」ということであればご自身で作成されるのもよいと思います。

■大東市内には公証役場はありませんが近郊には何か所かあります。行きやすいのは東大阪公証役場、梅田公証役場、平野町公証役場(北浜)、枚方公証役場あたりです。

公正証書作成パターン2
「行政書士等に依頼する」

■ご自身で作成するのが不安な方や平日に時間がとれない方は専門家への依頼をおすすめします。公正証書代理作成や出張相談に対応している行政書士事務所もありますので必要に応じてご依頼ください。ちなみに当サイト運営事務所は行政書士の事務所ですが「公正証書の代理作成」に対応しております。

平日仕事で公証役場に行けないのですが・・・

■公証役場に行けなくても公正証書を作る方法はあります。それは「公正証書の代理作成」です。代理人に委任状等の必要な書類を渡して自分の代わりに公証役場に行ってもらうのです。そうすることによって公証役場に行かなくても公正証書が作れます。

■ただ「知らない間に公正証書を作られてしまった」という事態を防ぐために代理作成の条件はけっこう厳しいです。署名捺印したきちんとした委任状(捺印は実印で)、取得後3ヶ月以内の印鑑証明などが必要です。また必要書類は作成する内容によって変わることがあります。

■当サイト運営事務所では「離婚公正証書の代理作成・離婚協議書の作成」を行っておりますので、何かお聞きになりたいことがあればお電話等でご相談ください。

↓電話相談連絡先↓

icon 行政書士による離婚協議書・離婚公正証書代理作成の無料相談

icon 行政書士の離婚公正証書作成代行サイト

大東市(住道駅・野崎駅・四条畷駅)をはじめ大阪府全域からのご依頼に対応しております。