ホーム>公証人手数料について

公証人手数料について

※「公証人手数料」は当事務所で作成依頼をお受けした場合でも、どこにも依頼されず、あなたご自身で公正証書を作成する場合でも、必ず必要な費用です。
@の表の「公正証書作成手数料」とAの表の「その他必要な公証役場への支払い」の合計額が公証人手数料となります。金額は一律で、全国どの公証役場で作成しても価格はほとんど変わりません。


@公正証書作成手数料
公正証書作成手数料早見表
公正証書の目的の価値
公正証書作成手数料
100万円まで
5,000円
200万円まで
7,000円
500万円まで
11,000円
1000万円まで
17,000円
3000万円まで
23,000円
5000万円まで
29,000円
1億円まで
43,000円

Aその他必要な公証役場への支払い
公正証書 正本・謄本
 2000円〜4000円
 ※正本・謄本の出来上がり枚数によって値段は変 動します。簡単に言うと用紙代です。
送達手続き・送達証明手続き
 約2700円
執行文付与手続き
 1950円
その他諸費用
 ケースによって必要な費用があります
当事務所でお受けしてきた公正証書作成の際の「その他必要な公証役場への支払い」の価格帯は3000円〜6000円あたりが多く、平均すれば5000円程度です。上記全ての項目の金額が必要なわけではなく、ケースによって必要な項目、金額は変わります


■下記は当事務所で作成のご依頼をお受けした場合に必要な費用の例です。詳しくは下記リンク先をご覧ください。
  当事務所でご依頼をお受けした場合に必要な費用y

公正証書作成費用例
作成者
当事務所で作成した場合
ご自身で作成した場合
@当事務所手数料
4万8000円
0円
A公証人手数料
1万円〜6万円程度
1万円〜6万円程度
最終的にかかる費用
@+A
Aだけ

 トップページに戻る場合はこちらから