ホーム>離婚慰謝料の書き方
◆実際に公正証書を作る際の条項の書き方について考察するコーナーです◆

書き方の考察:離婚慰謝料について

「夫婦の一方の浮気が原因で離婚」などの場合に含めることが多い項目です。

■相手方の有責行為により離婚を余儀なくされた配偶者は相手方に対し、不法行為による損害賠償として慰謝料請求権を有するとされています。

■財産分与と慰謝料の関係ですが、財産分与には慰謝料的要素を含むこともできるので、協議書作成の際には財産分与1つの項目にまとめても良いでしょう。もちろん財産分与・慰謝料と2つに分けてもいいし、慰謝料のみでも問題ないでしょう。

■離婚の慰謝料の相場というのは非常に算定が難しいところです。200万円〜300万円程度が多いとされていますが、現実的には50万円もありますし、1000万円もあります。夫婦間で合意された金額ということになるでしょう。ちなみに支払いが分割になることも多いです。

■いったん合意した慰謝料の金額を公正証書にしてしまうと、後の事情変更により金額の変更を請求することがは極めて困難です。長期の分割払いなどの場合は特に注意してください。

 ご依頼・ご相談はこちらから

 トップページに戻る場合はこちらから