ホーム>未成年の子の親権
◆実際に公正証書を作る際の条項の書き方について考察するコーナーです◆

書き方の考察:未成年の子の親権について


基本的な項目です。書き方も極めてシンプルです。

■型通りになることが多いので、それほど書き方で迷うことはないと思います。

■公正証書文中に「監護養育」という言葉をよく使うことがありますが、これはあくまで注意的に記載しているものです(本来子の監護養育というのは、親権と分離して別に監護者を定めない限り、親権の内容の一部です)。

 ご依頼・ご相談はこちらから

 トップページに戻る場合はこちらから