ホーム>債務承認の承認・弁済の書き方
◆実際に公正証書を作る際の条項の書き方について考察するコーナーです◆

書き方の考察:債務の承認・弁済について


相手方にお金を貸していた場合など含めることがある条項です。

■そのお金を貸した時期と返済期限を明確に書く必要があるでしょう。

■もちろん貸したお金がないのに貸したと書くのは問題があります。

■分割払いで返済する、というような条項になることが多いです。

 ご依頼・ご相談はこちらから

 トップページに戻る場合はこちらから